清水宏保さんの腰痛対策 イスで腰を緩める

腰の痛み・違和感で眠れない時の対処法とおすすめ寝具 清水宏保さん

長野オリンピックで金メダル、ソルトレイクシティ・オリンピックで銀メダルを獲得した、元スピードスケート選手の清水宏保さんは、現役時代からひどい腰痛に悩まされていました。

 

 

ハードな練習で腰を傷めてしまっただけでなく、01年に遭遇した交通事故で状態は決定的に悪化してしまいます。
腰の違和感や張りがひどくて眠れないことも多かったそうです。

 

 

そんな時はイスを使った「背骨と腰の筋肉を緩ませるポーズ」で対処しました。

 

 

このポーズのやり方を紹介します。
イスさえあれば簡単に実践できます。

 

 

床にあおむけに寝る

 

両脚のひざから下をイスにのせる このときお尻が少し浮いて、腰と床の間に隙間ができる高さのイスを選ぶ 高さが調節できるイスならやりやすい

 

床からわずかに腰が浮いた状態でリラックスし、数分間そのままキープ

 

 

この動作により腰にゆるみができ、腰の張りが改善されます。

 

 

また清水さんは腰痛には抱き枕の使用を薦めています。
抱き枕を腿にはさんで横向きになり、エビのようなポーズで腰を丸め気味に寝ると腰がリラックスするのです。
抱き枕が無ければ、タオルケットやバスタオルを丸めても代用できます。

 

 

腰痛で眠りが妨げられているなら、参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

 

清水さんの著書「金メダリストが考えた 世界一の腰痛メソッド」108ページを参考にしました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

勝野式 横寝枕 横寝の姿勢を自然に支える健康枕

エゴスキュー腰痛解決プログラム ジャック・ニクラウスさんの推薦文も

 

 

 

関連ページ

みのもんたさんの脊柱管狭窄症
みのもんたさんが発症した脊柱管狭窄症について
小久保選手の椎間板ヘルニア
小久保選手は腰痛手術を何度も受けています
藤波辰巳さんが城島選手にアドバイス
ヘルニアを発症した城島選手に藤波さんがアドバイス
歌丸さんの腰痛 脊柱管狭窄症手術
歌丸さんはみのもんたさんと同じ脊柱管狭窄症です
ヘルニア小久保選手の腰痛治療機 プロテック
小久保選手は「プロテック」という治療器で腰痛を治しました
松居一代さん 腰をいたわるよう心がけた結果
松居一代さんは腰に負担をかけない生活を心がけていました その結果・・・
阿木燿子さん実践エゴスキュー体操
体のゆがみから阿木さんは腰痛・膝痛が持病です 2014年には続けて転んでしまったそうです
水前寺清子さんの脊柱管狭窄症 原因と症状
歌手の水前寺清子さんはステージでのケガから腰痛を発症してしまいます
水前寺清子さんの脊柱管狭窄症手術
脊柱管狭窄症手術を受けた水前寺清子さん 入院期間やリハビリ期間 水前寺さんの手術は大成功でした
青木功さんが考える ゴルファー腰痛の原因
プロゴルファーの青木功さんは近年のゴルファーの腰痛の一因にボールとクラブヘッドの変化を挙げています