ゴルファーの腰痛が増えた理由 スイングの特性も

青木功さんの腰痛の原因は ボールとヘッドの変化

ゴルフのスイングでは、前傾姿勢で体をひねります。

 

 

前傾姿勢は腰への負担が大きく、加えてひねる動作は関節を傷めやすい動きです。

 

つまりゴルフのスイングは、腰痛のリスクが高い動きなのです。実際に、腰の痛みを訴えるゴルファーは珍しくありません。

 

 

プロゴルファーの青木功さんは、近年のゴルファーの腰痛は、スイング動作以外にも原因があるとしています。

 

 

雑誌「週刊新潮」に連載されている青木さんのコラム「おれのゴルフ」に、ゴルファーの腰痛についての記事がありました。

 

一部を抜粋して紹介します。

 

バラタボールをパーシモンヘッドで打っていた頃の手ごたえは実にソフトで、インパクトの瞬間はボールが潰れてフェースから離れるまでを「乗っかっている」と表現していた。

 

それほど柔らかい打感だったのが、今では硬いヘッドと硬いボールが主流になって、そういう感覚が消えてしまった。

 

以前のゴルフでは木製のヘッドも使われていましたが、現在は金属製ヘッドがほぼ100%と言っても良いでしょう。

 

 

青木プロはその変遷にも言及されていて、その過程で体調にも異変が表れてきます。

 

周りの選手がほとんど金属製のヘッドを使い出した頃も、おれはパーシモンヘッドを手放さなかった。人間が古いせいか、おいそれと新しいものに飛びつけなかったのかもしれないし、何年もかけて培ってきた感覚が変わるのが怖かったというのもある。

 

だが、ついに時代の流れで変えざるを得なくなった。

 

それでも、何年か使っていくと馴染んできたが、やけに頸椎に負担がかかることに気が付いた。頸椎は背骨で腰椎までつながっているから、ここを痛めるとひいては腰痛まで引き起こす

 

極端かもしれないけど、パーシモン時代と比べると、まるで「石ころを鉄の棒で打つ」ような感覚で、打った瞬間は「カツン」と首に響き、さらにヘッドがスッポ抜けて行くような感覚がある。

 

このところ故障する選手が増えたけど、原因のひとつにはヘッドとボールが硬くなったことがあると思う。

 

「柔らかいもので発生する衝撃」と「硬いもので発生する衝撃」では、後者のほうが大きいのは言うまでもありません。

 

金属ヘッドの普及により、ゴルファーへの負担は増えていると考えて間違いないでしょう。

 

勝負論 (新潮新書)
勝負論 (新潮新書)

 

また、青木プロは近年のスイングの特徴をケガと関連付けられています。

 

最近は特に、体の軸を動かさずに状態でスウィングをする選手が増えたからかもしれない。

 

おれはどちらかと言うと、上体をあまり捻らずに打つタイプ。お陰でこれまで大きなケガにはならないでやって来られたが、一方で昔に比べると疲れやすくなった。

 

 

腰痛持ちでない限り、ゴルファーは普段のプレーで腰へのダメージを意識することはあまりないでしょう。

 

 

しかし青木プロが指摘されるように、現代ゴルフでは特に腰への負担が大きくなっていると意識するべきです。

 

 

ある日突然「グキッ!」と傷めないよう、予防・対策をとりましょう。寒い季節は特に注意が必要です。

 

 

このコンテンツは週 刊 新 潮 2015年 6/11 号 [雑誌]112〜113ページを参考にしました。

 

 

 

 

エゴスキュー腰痛解決プログラム ジャック・ニクラウスさんの推薦文も

 

 

 

関連ページ

みのもんたさんの脊柱管狭窄症
みのもんたさんが発症した脊柱管狭窄症について
小久保選手の椎間板ヘルニア
小久保選手は腰痛手術を何度も受けています
藤波辰巳さんが城島選手にアドバイス
ヘルニアを発症した城島選手に藤波さんがアドバイス
歌丸さんの腰痛 脊柱管狭窄症手術
歌丸さんはみのもんたさんと同じ脊柱管狭窄症です
ヘルニア小久保選手の腰痛治療機 プロテック
小久保選手は「プロテック」という治療器で腰痛を治しました
清水宏保さん 腰を緩ませるポーズ
清水宏保さんは腰をリラックスさせるポーズで腰痛に対処しました
松居一代さん 腰をいたわるよう心がけた結果
松居一代さんは腰に負担をかけない生活を心がけていました その結果・・・
阿木燿子さん実践エゴスキュー体操
体のゆがみから阿木さんは腰痛・膝痛が持病です 2014年には続けて転んでしまったそうです
水前寺清子さんの脊柱管狭窄症 原因と症状
歌手の水前寺清子さんはステージでのケガから腰痛を発症してしまいます
水前寺清子さんの脊柱管狭窄症手術
脊柱管狭窄症手術を受けた水前寺清子さん 入院期間やリハビリ期間 水前寺さんの手術は大成功でした