有名人と腰痛記事一覧

みのもんたさんの腰痛 脊柱管狭窄症の特徴・原因・治療

タレントのみのもんたさんは、06年の1月に腰痛で手術を受け、入院しています。みのもんたさんの腰痛は「腰部脊柱管狭窄症」という症状で、手術を執刀したのは、国際医療福祉大付属三田病院の福井康之医師です。福井医師は脊椎外科手術のスペシャリストです。腰部脊柱管狭窄症では背骨の中の脊柱管が狭くなり、神経を圧迫...

≫続きを読む

小久保選手の椎間板ヘルニア 症状 しびれ

通算2000本安打まであと1本としているプロ野球の小久保裕紀選手が、椎間板ヘルニアのため(平成24年)5月25日、出場選手登録を外れました。大記録を目前にしながらの登録抹消は本人にとって何とも無念でしょうが、それほど腰痛がひどかったということです。5月25日の東京スポーツ新聞に、小久保選手の腰痛の深...

≫続きを読む

効果があったボクシングトレ 城島選手に藤波辰巳さんがエール

プロ野球阪神タイガースの城島捕手は、2012年5月22日に腰椎椎間板ヘルニアの除去手術を受けました。翌月1日にはリハビリを開始しましたが、前半戦中の復帰は厳しいとみられています。誰よりも城島選手本人が一番もどかしい思いをしているはずですが、そんな城島選手に、プロレスラーの藤波辰巳さんがエールを送って...

≫続きを読む

歌丸さんの腰痛 手術 脊柱管狭窄症

日本テレビ系の「笑点」で、2012年現在5代目の司会をつとめている桂 歌丸さんも腰痛に悩まされているそうです。みのもんたさんと同じ脊柱管狭窄症で、歌丸さんは90年代後半頃から腰痛に悩まされていました。医師からは「腰骨の結合部がもろくなっている」との診断を受けていて、杖がないと歩けない時もあります。そ...

≫続きを読む

ヘルニア小久保選手 FMT 腰痛治療機 プロテック 原理・特徴

プロ野球ホークスの小久保裕紀選手が、2012年6月24日の日本ハム戦で2000本安打を達成しました。小久保選手は5月22日に、椎間板ヘルニアが悪化したため、達成まであと1本としながら登録を抹消されてしまいます。腰痛の症状はひどく、その様子は当サイトでも以前記事にしました。小久保選手の椎間板ヘルニア ...

≫続きを読む

腰の痛み・違和感で眠れない時の対処法とおすすめ寝具 清水宏保さん

長野オリンピックで金メダル、ソルトレイクシティ・オリンピックで銀メダルを獲得した、元スピードスケート選手の清水宏保さんは、現役時代からひどい腰痛に悩まされていました。ハードな練習で腰を傷めてしまっただけでなく、01年に遭遇した交通事故で状態は決定的に悪化してしまいます。腰の違和感や張りがひどくて眠れ...

≫続きを読む

松居一代さんの椎間板 夏山元伸医師

以前放映されたテレビ番組「最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学 肩こり・腰痛を招く危険な生活習慣スペシャル」で、ゲストの椎間板を夏山元伸医師がMRI検査するという企画がありました。夏山医師によると、番組ゲストの松居一代さんの椎間板には驚かされたそうです。というのも、松居さんの椎間板はまるで20歳の...

≫続きを読む

腰痛が持病 阿木燿子さん実践エゴスキュー体操とは 体の歪みを矯正

雑誌「婦人公論」2014年10月22日号に、作詞家の阿木燿子さんの健康法に関する記事がありました。その記事によると、阿木さんは体の歪みを直すために「エゴスキュー体操」を実践しているそうです。エゴスキュー体操についてさらに詳しくはこちらエゴスキュー体操についてさらに詳しくはこちら自宅で毎朝、45分間の...

≫続きを読む

水前寺清子さんの脊柱管狭窄症 発症のきっかけと症状

歌手の水前寺清子さんはデビューしておよそ1年後、ステージで左膝をケガしてしまいます。不幸にして後遺症が残り、左脚をかばうようになったため、長年右脚だけに頼る生活を余儀なくされました。それでどうにか活動を続けてきましたが、体の左右のバランスが崩れた生活は、腰への負担を少しずつためていきました。2013...

≫続きを読む

水前寺清子さんの脊柱管狭窄症手術 リハビリや術後の経過

水前寺さんに手術を決断させたのは、「転ぶのを恐れ、不安げな顔をファンに見せるわけにはいかない。それならば、さっさと手術して、早く元気になろう」という、歌手としてのプロ意識でした。2014年6月、水前寺さんは腰部脊柱管狭窄症の手術を受けます。手術は無事成功、術後も痛みはほとんどなかったそうです。術後一...

≫続きを読む

ゴルファー腰痛の原因は硬いヘッドとボール?青木功さんのスイング

ゴルフのスイングでは、前傾姿勢で体をひねります。前傾姿勢は腰への負担が大きく、加えてひねる動作は関節を傷めやすい動きです。つまりゴルフのスイングは、腰痛のリスクが高い動きなのです。実際に、腰の痛みを訴えるゴルファーは珍しくありません。プロゴルファーの青木功さんは、近年のゴルファーの腰痛は、スイング動...

≫続きを読む