戸田佳孝院長のパンスト呼吸法やり方

腹圧を上げてヘルニア予防 パンスト呼吸法 戸田佳孝院長

腰痛を予防するためには、腹圧(腹腔内圧)を上げる必要があるのはよく知られています。

 

 

腹筋を鍛えるのは腹圧を上げる目的があり、腰痛予防の有効な手段とひとつとなっています。

 

 

ただし、戸田整形外科リウマチ科クリニックの戸田佳孝院長によると、腹筋があっても腹圧が弱い人がいるそうです。

 

それはどういうことかというと・・・

 

 

腹筋があっても、お腹にうまく力をいれられないと腹圧が弱くなる

 

 

のです。

 

 

そういう人には、戸田院長は「パンスト呼吸」を勧めています。

 

これはスポンジを入れたストッキングをお腹に巻いて呼吸し、お腹に力を入れる感覚を養うエクササイズです。

 

やり方を説明します。

 

■古くなったストッキングの片足にスポンジを入れる

 

■背筋を伸ばしてリラックスしたら、スポンジがへその下にくるようにストッキングを腰に巻く

 

■お腹の力だけでスポンジを押す 鼻で息を吸いつつ、お腹を出すよう意識する

 

■口で息を吐きながらお腹を引っ込める

 

食事の直後以外であればいつ行ってもOKです。

 

 

この呼吸法を1週間も続ければお腹に力をこめる感覚が身につくので、腹圧も上がってきます。

 

 

お腹への力を意識的に入れられ、腹圧を上げられるようになると、重い荷物を持った時などの腰への負担を軽減でき、ぎっくり腰やヘルニアを未然に防げるようになります。

 

 

腰痛は自分で治せる―寝ながら簡単にできるものばかり!

腰痛は自分で治せる―寝ながら簡単にできるものばかり! (セレクトBOOKS)

 

 

 

関連ページ

腰痛を予防・改善するための筋トレ 背筋
脊柱起立筋を鍛えるトレーニングは腰痛予防・改善に有効な方法のひとつです
腹斜筋も鍛えて腰痛対策
体幹の前後(腹筋・背筋)だけでなく横も鍛えると万全です
腹筋と背筋をバランスよく鍛える
腰痛対策の腹筋・背筋は偏りなく鍛えるのがポイントです
お尻歩きでゆがみ改善・コリ解消
お尻歩きは骨盤の歪み解消・腰の筋肉をほぐす効果があります
ボール投げ動作で腰痛対策
利き手と反対側のボール投げ動作で筋力の偏りを解消
ゴロ寝膝伸ばしのやり方
ゴロ寝ひざ伸ばしのやり方 谷玉恵さん
美木良介 ロングブレスで腰痛解消
美木良介さんは独自の呼吸法で脚のしびれや腰痛を改善させました
ストレッチだけで腰痛対策になる?
筋トレをせずにストレッチだけで腰痛対策になるのでしょうか?
腰に良い 悪い運動
運動の中には腰に負担がかかり おすすめできない種目もあります
小久保さんの腹筋と腰痛防止に大事なこと
小久保裕紀さんが腰痛対策としておすすめ腹筋やりかた