腹筋強化法 ゴロ寝膝伸ばしで腰痛対策 便秘解消にも 谷玉恵さん

腰痛予防・解消に腹筋が有効なのはよく知られています。

 

 

腹筋を鍛えることで腹腔内圧を上げ、腰への負担を少なくできるのです。

 

 

腹筋運動は最も手軽で身近なトレーニングのひとつです。
テレビを見ながらでも行えますし、誰でも一度はやったことがあるでしょう。

 

 

ただ動作が単純なので、同じことの繰り返しで飽きてしまう、という話も聞きます。

 

 

腹筋を鍛える運動にはいくつものフォームがあり、本やDVD、ネット上でも数多く公開されています。

 

 

TAMAE H&B研究所代表で、鍼灸師でもある谷玉恵さんは、「ゴロ寝膝伸ばし」という運動を推奨されています。

 

 

いつも同じ腹筋運動で飽きてしまった、という方は試してみてはいかがでしょうか。

 

やり方を紹介します。

 

ゴロ寝膝伸ばしやり方

 

■体の両側でひじをつき、上体を少し上げ、脚は伸ばして仰向けに寝る

■膝が直角に曲がるまで脚を上げる

■膝から下は床と平行にする

■息を吐きながら曲げていた膝を伸ばし、脚の角度を45度にキープしていったん止める

■1分間に8回ぐらいのペースで、3〜4の動作を20回を目安に繰り返す

■20回続けた後は3の状態で20秒静止する

 

 

以上の動作を一日に3セット行えると理想的です。

 

反動は使わず、呼吸を止めないように注意しましょう。

 

 

ゴロ寝膝伸ばしでは両ひじをついているので、普通の腹筋運動で注意すべき腰への負担が非常に小さくなっています。

 

 

また腹筋を鍛えて腰痛対策になるだけでなく、下腹を刺激して腸の活動を促すので、便秘改善も期待できます。

 

普通の腹筋運動とは違う箇所の筋肉が鍛えられます。

 

 

この動作も「ながら」が可能なので、ちょっとした時間があったら実践してみてはいかがでしょうか。

 

 

いつもの腹筋運動にこのメニューを加えることでマンネリも防げます。

 

 

腰痛改善ストレッチ「福辻式」

 

 

 

 

 

関連ページ

腰痛を予防・改善するための筋トレ 背筋
脊柱起立筋を鍛えるトレーニングは腰痛予防・改善に有効な方法のひとつです
腹斜筋も鍛えて腰痛対策
体幹の前後(腹筋・背筋)だけでなく横も鍛えると万全です
腹筋と背筋をバランスよく鍛える
腰痛対策の腹筋・背筋は偏りなく鍛えるのがポイントです
パンスト呼吸法で腹圧アップ
戸田佳孝院長はストッキングをお腹に巻く呼吸法で腰痛予防を提唱しています
お尻歩きでゆがみ改善・コリ解消
お尻歩きは骨盤の歪み解消・腰の筋肉をほぐす効果があります
ボール投げ動作で腰痛対策
利き手と反対側のボール投げ動作で筋力の偏りを解消
美木良介 ロングブレスで腰痛解消
美木良介さんは独自の呼吸法で脚のしびれや腰痛を改善させました
ストレッチだけで腰痛対策になる?
筋トレをせずにストレッチだけで腰痛対策になるのでしょうか?
腰に良い 悪い運動
運動の中には腰に負担がかかり おすすめできない種目もあります
小久保さんの腹筋と腰痛防止に大事なこと
小久保裕紀さんが腰痛対策としておすすめ腹筋やりかた