腰痛のための筋トレ・運動記事一覧

腰痛を予防・改善するための筋トレ 背筋

腰痛を予防・改善するためには、お腹から背中にかけての筋肉を強化する必要があります。その筋肉の中でも最もキモになるのは、脊柱起立筋ではないでしょうか。脊柱起立筋は背骨の両側に、沿うようについている筋肉です。いわゆる「背筋力」や「腰の力」の源になります。腰そのものを覆っているので、筋力が弱るだけでなく、...

≫続きを読む

脇腹・横っ腹(腹斜筋)も鍛える

腰痛対策としての腹筋や背筋というと、「上体を前後に動かす」動作が一般的です。このトレーニングでも、もちろん効果があるのですが、余裕があればさらにもうひとつ別の部位も鍛えてはいかがでしょうか。それは腹斜筋です。いわゆる横っ腹(わき腹)ですね。ぷよぷよになりやすい部分です。身体の前と後ろに加えて、側面も...

≫続きを読む

腰痛対策の筋トレでは鍛えるバランスに注意

腰痛を防ぐために腹筋や背筋を鍛える必要があるのは、ほぼ常識になっています。テレビや雑誌などでも「腰痛予防のための筋トレ」といった特集もあるため、自分でトレーニングしている人も多いでしょう。トレーニングをすること自体は素晴らしいのですが、注意すべき点もあります。それは、腹筋と背筋を鍛えるバランスです。...

≫続きを読む

腹圧を上げてヘルニア予防 パンスト呼吸法 戸田佳孝院長

腰痛を予防するためには、腹圧(腹腔内圧)を上げる必要があるのはよく知られています。腹筋を鍛えるのは腹圧を上げる目的があり、腰痛予防の有効な手段とひとつとなっています。ただし、戸田整形外科リウマチ科クリニックの戸田佳孝院長によると、腹筋があっても腹圧が弱い人がいるそうです。それはどういうことかというと...

≫続きを読む

お尻歩き やり方 谷玉惠さん 骨盤のゆがみ解消・腰痛改善

脚を前に伸ばして座った状態から、お尻を使って前に進む「お尻歩き」は、簡単な動作ながら骨盤のゆがみ矯正には大きな効果があります。お尻歩きをすると骨盤が左右に大きく動きます。この動きが骨盤のゆがみを改善するのにとても効果的なのです。またお尻歩きで腰を動かすと腰の筋肉をほぐすことができます。腰痛には腰の筋...

≫続きを読む

芦原紀昭医師 ボール投げ動作で腰痛対策 筋肉バランス改善

「筋肉の左右のバランスが崩れていると腰痛になりやすい」とはよく知られています。要は、身体の片側だけを使い続けることで、使わない側の筋肉が弱ってくるわけです。最もわかりやすいのは「利き手」です。多くの人は右利きであり、筋肉のつき方や神経の分布も左手より右手が発達していると考えられます。普段はほとんど意...

≫続きを読む

ゴロ寝膝伸ばしで腹筋強化して腰痛対策 便秘解消も 谷玉恵さん

腰痛予防・解消に腹筋が有効なのはよく知られています。腹筋を鍛えることで腹腔内圧を上げ、腰への負担を少なくできるのです。腹筋運動は最も手軽で身近なトレーニングのひとつです。テレビを見ながらでも行えますし、誰でも一度はやったことがあるでしょう。ただ動作が単純なので、同じことの繰り返しで飽きてしまう、とい...

≫続きを読む

呼吸(ロングブレス)で腰痛を治す 美木良介さん

現在大ブームになっている「ロングブレスダイエット」の考案者、美木良介さんはかつて重度の腰痛に悩まされていました。痛みがひどい時は10分間座るのも立つのも困難になり、医師の診察を受けても「手術で治る保証はない」と言われました。腰痛の名医を人から薦められれば、治したい一心であらゆるところを訪れたそうです...

≫続きを読む

ストレッチだけで腰痛対策になる?

腰痛対策といえば、腹筋・背筋を鍛える、ストレッチで体を柔らかくする、日常生活で腰に負担をかけない、などいろいろあります。これらはいずれもよく知られていますが、筋肉がつくのを嫌がる女性は筋トレを敬遠し、ストレッチだけを行うケースがあるようです。確かにストレッチは腰痛対策として推奨されていますが、果たし...

≫続きを読む

腰に良い運動 悪い運動 夏山元伸医師

タイトルそのままでは語弊があるかもしれません。「腰に優しい運動」「腰に負担のかかる運動」であればより正確でしょうか。腰痛内視鏡手術のエキスパートであり、関東労災病院整形外科部長の夏山元伸医師は、腰に優しい運動・腰に負担のかかる運動として、以下の種目を挙げています。腰に優しい運動・ウォーキング・骨盤体...

≫続きを読む

小久保裕紀さんおすすめ 体幹を鍛えるアイソメトリック腹筋

プロ野球ソフトバンクホークスや読売ジャイアンツで活躍し、現在は野球解説者の小久保裕紀さんは現役時代、ひどい腰痛に悩まされました。当サイトでも、関連情報をお知らせしています。小久保選手の椎間板ヘルニア 症状 しびれヘルニア小久保選手 FMT 腰痛治療機 プロテック 原理・特徴健康雑誌「壮快」の2013...

≫続きを読む