坐骨神経痛の対策はヘルニア対策と同様です

坐骨神経痛と椎間板ヘルニア

痛むのが腰だけでなく、脚全体および足の裏まで痛む場合、一般に「坐骨神経痛」と呼ばれます。

(「坐骨神経痛」は病名ではありません)

 

 

坐骨神経は人体で最も大きな神経の束で、腰以下の下肢全体を司っています。

 

 

坐骨神経痛は糖尿病などが原因で発生するケースもありますが、腰痛と同様に神経の圧迫などにより引き起こされます。

 

 

坐骨神経痛の原因で最も多いのは椎間板ヘルニアです。

 

ヘルニアで飛び出した髄核が、椎間孔から出ている坐骨神経の根元を圧迫すると坐骨神経痛になります。

 

 

髄核が飛び出すのは椎骨の後方、しかも左右どちらかに偏っていることがほとんどです。

 

 

坐骨神経痛の痛みはせきやくしゃみで強くなる傾向があり、体調や健康状態で変化するケースもあります。

 

 

ヘルニアの対策がそのまま坐骨神経痛の対策になります。

 

症状があまりにもひどい場合は手術もありえますが、まずは物理療法や運動療法、薬物療法が行われます。

 

 

坐骨神経痛かどうかをチェックするには、

 

 

あおむけに寝て、膝を伸ばした状態で脚を上げると痛みが強くなり、70度の角度まで上げられない

 

 

のであれば坐骨神経痛と考えられます。

 

 

大須賀式 坐骨神経痛改善法【1日5分でできるストレッチ】

 

 

 

関連ページ

コルセットは使い続けてもOK?
腰痛対策アイテムとしてメジャーなコルセットですが使い続けるのは良くありません
腹腔内圧を高めて腰痛予防
腹筋・背筋を鍛えると腹腔内圧が高まって腰痛を予防できます
腰痛を予防するためのストレッチ
腰痛を防ぐにはハムストリングスを伸ばすストレッチも大事です
腰に負担をかける動作
「〜しっぱなし」は腰への負担が大きくなります
白土修教授の腰みがき
腰みがきとは腰に負担をかけないため普段から気をつける動作です
靴底の減り方と正しい歩行のポイント
歩行のくせは靴底に表れて場合によっては身体によくない歩き方をしている可能性も
運送業者さんの話 湿布はいつ使うか
コルセットと同じで腰痛に湿布を常用するのは良くありません
腰痛では温めるのが基本
一部の例外を除いて腰痛対策には温めるのが基本です
適正体重をキープして悪循環を防ぐ
ある程度肥満が進むと悪循環が起こってしまう可能性も
スポーツで腰痛を発症する原因
スポーツで腰痛が起きる理由は
腰をひねると良くない理由
関節はひねりに弱い構造になっています
脊椎分離症(すべり症)とは
すべり症には先天性と後天性があります
加齢による椎間板の劣化
椎間板は加齢により強度が低下します
腰痛時横になる際のポイント
腰痛時横になって安静にする際のポイント
腰痛を予防 急な動作をやめる 一度落ち着く
ギックリ腰にならないための心がけをまとめました
姿勢別 腰への負担の大きさ
現代社会特有の腰への負担があります
ストレスで腰痛発症
心の健康も腰痛と関わっています