ハムストリングスを柔軟にしておくと腰痛を防げます

ハムストリングスを柔軟にして腰痛予防

腰痛を防ぐためには、筋トレと同じくらいストレッチも大事です。

 

 

身体が硬いと、腰痛になりやすいのです。

 

 

最も大きなポイントになるのは、ハムストリングスという、太ももの裏側の筋肉の硬さです。
ここが硬いと骨盤の可動域が狭まり、腰に負担がかかるのです。

 

 

脚を伸ばして座り、上体を前に倒すのが辛かったり、立位体前屈が苦手なら、もう少し身体を柔らかくする必要があるかもしれません。

 

 

ハムストリングスを伸ばすためのストレッチでは、背中は丸めず、腰を入れて骨盤から上体を倒します。
反動をつけたり、息を止めるのもNGです。
息を吐きながら行いましょう。

 

 

余談ですが、ストレッチを行うと副交感神経が優位になります。
寝る前にストレッチをすると快眠の助けになるのです。

 

 

腰痛対策というだけでなく、ストレッチは健康増進法として広く勧められています。

 

生活習慣のひとつにとりいれてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

タオル1本でガンコな肩こり・腰痛を治す!

 

 

 

関連ページ

コルセットは使い続けてもOK?
腰痛対策アイテムとしてメジャーなコルセットですが使い続けるのは良くありません
腹腔内圧を高めて腰痛予防
腹筋・背筋を鍛えると腹腔内圧が高まって腰痛を予防できます
腰に負担をかける動作
「〜しっぱなし」は腰への負担が大きくなります
白土修教授の腰みがき
腰みがきとは腰に負担をかけないため普段から気をつける動作です
靴底の減り方と正しい歩行のポイント
歩行のくせは靴底に表れて場合によっては身体によくない歩き方をしている可能性も
運送業者さんの話 湿布はいつ使うか
コルセットと同じで腰痛に湿布を常用するのは良くありません
腰痛では温めるのが基本
一部の例外を除いて腰痛対策には温めるのが基本です
適正体重をキープして悪循環を防ぐ
ある程度肥満が進むと悪循環が起こってしまう可能性も
スポーツで腰痛を発症する原因
スポーツで腰痛が起きる理由は
腰をひねると良くない理由
関節はひねりに弱い構造になっています
脊椎分離症(すべり症)とは
すべり症には先天性と後天性があります
加齢による椎間板の劣化
椎間板は加齢により強度が低下します
坐骨神経痛と椎間板ヘルニア
ヘルニアは坐骨神経痛の原因になります
腰痛時横になる際のポイント
腰痛時横になって安静にする際のポイント
腰痛を予防 急な動作をやめる 一度落ち着く
ギックリ腰にならないための心がけをまとめました
姿勢別 腰への負担の大きさ
現代社会特有の腰への負担があります
ストレスで腰痛発症
心の健康も腰痛と関わっています