腰への負担は姿勢によって大きく違います

姿勢別 椎間板への負担の違い 現代社会で特に注意すべきは

腰痛の原因のひとつに、腰への負担が長時間にわたってかかることが挙げられます。

 

 

腰回りの筋肉に負担がかかり続けると、筋肉の緊張が続いて血行が滞り始めます。
すると老廃物が溜まって痛みが発生するのです。

 

 

腰への負担は、姿勢によって違いがあります。

 

正しい姿勢で立った時に椎間板にかかる負担を1倍として、その他の姿勢での負担をまとめます。

 

 

仰向けで寝る 0.25倍
横向きで寝る 0.75倍

 

 

ここまでの姿勢は立った状態よりも腰への負担が軽くなります。

 

 

正しい姿勢で座る 1.4倍
立ってお辞儀をする 1.5倍
座って前かがみになる 1.85倍
前かがみで荷物をもつ 2.2倍
前かがみで荷物をもつ 2.75倍

 

 

座ると腰への負担は一見軽くなりそうですが、正しい姿勢であっても、立ち姿勢より1.4倍も負担は重くなります。

 

 

イスに座って仕事をする機会が多い現代社会では、勤務中は一定の負担が常に腰にかかっていると意識すべきでしょう。

 

 

また座って前かがみになると、さらに負担が増えるのも忘れてはいけません。
「前かがみ」には猫背も該当します。

 

 

現代社会の必須アイテム、パソコンで作業をしている間は、非常に高い確率で猫背になりませんか?

 

 

キータッチのために両手を前に出す時点ですでに猫背になりやすく、作業に熱中すると顔がディスプレイに近づくためさらに猫背気味になってしまいます。

 

 

加えて、動かすのはほとんどが肘から先ばかりで、体の大部分はジッとしたままです。
筋肉は固まりやすく、血流は極めて滞りやすい状態です。

 

 

バソコン作業で生じる腰痛を予防するには、姿勢に特に注意し、適度に休憩をとって体を動かす必要があります。

 

現代社会では「イスに座って前かがみ」の負担を特に意識すべきではないでしょうか。

 

 

 

 

 

関連ページ

コルセットは使い続けてもOK?
腰痛対策アイテムとしてメジャーなコルセットですが使い続けるのは良くありません
腹腔内圧を高めて腰痛予防
腹筋・背筋を鍛えると腹腔内圧が高まって腰痛を予防できます
腰痛を予防するためのストレッチ
腰痛を防ぐにはハムストリングスを伸ばすストレッチも大事です
腰に負担をかける動作
「〜しっぱなし」は腰への負担が大きくなります
白土修教授の腰みがき
腰みがきとは腰に負担をかけないため普段から気をつける動作です
靴底の減り方と正しい歩行のポイント
歩行のくせは靴底に表れて場合によっては身体によくない歩き方をしている可能性も
運送業者さんの話 湿布はいつ使うか
コルセットと同じで腰痛に湿布を常用するのは良くありません
腰痛では温めるのが基本
一部の例外を除いて腰痛対策には温めるのが基本です
適正体重をキープして悪循環を防ぐ
ある程度肥満が進むと悪循環が起こってしまう可能性も
スポーツで腰痛を発症する原因
スポーツで腰痛が起きる理由は
腰をひねると良くない理由
関節はひねりに弱い構造になっています
脊椎分離症(すべり症)とは
すべり症には先天性と後天性があります
加齢による椎間板の劣化
椎間板は加齢により強度が低下します
坐骨神経痛と椎間板ヘルニア
ヘルニアは坐骨神経痛の原因になります
腰痛時横になる際のポイント
腰痛時横になって安静にする際のポイント
腰痛を予防 急な動作をやめる 一度落ち着く
ギックリ腰にならないための心がけをまとめました
ストレスで腰痛発症
心の健康も腰痛と関わっています