最近は若い人の椎間板トラブルが増えているそうです

加齢による椎間板の劣化度 強度や弾力性

外傷を受けたり、ぎっくり腰などを起こさなくとも、椎間板の強度は加齢により劣化していきます。

 

 

「アスレティックリハビリテーション 社団法人 メディカル・フィットネス協会 監修」によると、

 

 

20代から髄核に小亀裂や基質の破壊や壊死がみられ、30代では線維輪に破壊が起こり椎間板の強度が低下し、40〜60代では40歳未満の約55%に、60歳以上では45%以下に落ちるといわれている。
(41ページ)

 

 

そうです。

 

 

強度だけでなく弾力性も加齢により劣化するので、クッションとしての機能も低下します。
結果として衝撃の吸収力が弱まり、衝撃への耐性が若いころよりも小さくなるのです。

 

 

すると荷重を支え切れずに髄核が飛び出してヘルニアを発症したり、すべり症になってしまう確率も高くなります。

 

 

椎間板の劣化は腰だけでなく頸椎でも同様です。

 

 

ちなみに最近は、若い世代でも腰痛や頸椎ヘルニアが増えているそうです。

 

 

これは仕事や遊びでパソコンや家庭用ゲーム機を使う機会が増え、同じ姿勢を長時間続けるのと、運動不足が原因だと考えられています。

 

別コンテンツでも紹介しているように、同じ姿勢を長時間続けることと運動不足は腰痛や頸椎の不調を引き起こしやすくなります。

 

 

パソコンを使う際は正しい姿勢を心がけ、一定時間ごとに体を軽く動かし、定期的に運動するよう心がけましょう。

 

 

35歳以上特奨:3分間の腰痛対策『細胞活性ストレッチ』 東大名誉教授推薦!(DVD版)

腰痛改善ストレッチ「福辻式」

穴吹弘毅が教える腰痛改善DVD

 

 

 

関連ページ

コルセットは使い続けてもOK?
腰痛対策アイテムとしてメジャーなコルセットですが使い続けるのは良くありません
腹腔内圧を高めて腰痛予防
腹筋・背筋を鍛えると腹腔内圧が高まって腰痛を予防できます
腰痛を予防するためのストレッチ
腰痛を防ぐにはハムストリングスを伸ばすストレッチも大事です
腰に負担をかける動作
「〜しっぱなし」は腰への負担が大きくなります
白土修教授の腰みがき
腰みがきとは腰に負担をかけないため普段から気をつける動作です
靴底の減り方と正しい歩行のポイント
歩行のくせは靴底に表れて場合によっては身体によくない歩き方をしている可能性も
運送業者さんの話 湿布はいつ使うか
コルセットと同じで腰痛に湿布を常用するのは良くありません
腰痛では温めるのが基本
一部の例外を除いて腰痛対策には温めるのが基本です
適正体重をキープして悪循環を防ぐ
ある程度肥満が進むと悪循環が起こってしまう可能性も
スポーツで腰痛を発症する原因
スポーツで腰痛が起きる理由は
腰をひねると良くない理由
関節はひねりに弱い構造になっています
脊椎分離症(すべり症)とは
すべり症には先天性と後天性があります
坐骨神経痛と椎間板ヘルニア
ヘルニアは坐骨神経痛の原因になります
腰痛時横になる際のポイント
腰痛時横になって安静にする際のポイント
腰痛を予防 急な動作をやめる 一度落ち着く
ギックリ腰にならないための心がけをまとめました
姿勢別 腰への負担の大きさ
現代社会特有の腰への負担があります
ストレスで腰痛発症
心の健康も腰痛と関わっています