腰痛を和らげるには温めるのが基本です

とりあえず腰を温める カイロ お風呂 腹巻き

腰痛と血行不良は密接に関係しているので、一般的に「冷え」は腰に良くありません。

 

 

気温の低い季節に腰が痛み始めたら、使い捨てカイロを貼るなどして腰を温めると、痛みがてきめんに和らぐことがあります。

 

 

ただし打撲などの外傷を負った場合は別で、冷やします。

このケースで温めると、症状が悪化します。

 

 

外傷で冷やすのは、内出血を防いで腫れを少なくするためです。
冷やす時間は長くて丸一日です。

 

 

ちなみに、温湿布あるいは冷湿布を貼っても、体が温まったり、冷えることはありません。
湿布に含まれている成分により、温かくあるいは冷たく感じるだけです。

 

 

温めるならカイロやお風呂、お灸などを、冷やすなら氷や保冷剤などを使う必要があります。

 

 

寒さが厳しい冬には、腰を冷やさないために腹巻きを使うのも良いでしょう。

 

 

最近は女性向けデザインの腹巻きや、カイロを入れるためのポケットがついたタイプも販売されています。

 

 

また冬だけでなく、冷房のきいた部屋であれば夏でも体が冷える可能性があり、加えて座りっぱなしの体勢が続くなら、さらに腰痛が起きやすくなります。

 

 

腰痛対策には、腰は保温する意識を持っておけばまず間違いありません。

 

 

腰痛対策!温熱により血流改善!つらい腰痛を、温熱でやわらげる!ワイドに痛みを包み込む! 大判26cmタイプ!ワイドサイズ10枚入

腰痛対策!温熱により血流改善!つらい腰痛を、温熱でやわらげる!ワイドに痛みを包み込む! 大判26cmタイプ!ワイドサイズ10枚入

 

 

 

関連ページ

コルセットは使い続けてもOK?
腰痛対策アイテムとしてメジャーなコルセットですが使い続けるのは良くありません
腹腔内圧を高めて腰痛予防
腹筋・背筋を鍛えると腹腔内圧が高まって腰痛を予防できます
腰痛を予防するためのストレッチ
腰痛を防ぐにはハムストリングスを伸ばすストレッチも大事です
腰に負担をかける動作
「〜しっぱなし」は腰への負担が大きくなります
白土修教授の腰みがき
腰みがきとは腰に負担をかけないため普段から気をつける動作です
靴底の減り方と正しい歩行のポイント
歩行のくせは靴底に表れて場合によっては身体によくない歩き方をしている可能性も
運送業者さんの話 湿布はいつ使うか
コルセットと同じで腰痛に湿布を常用するのは良くありません
適正体重をキープして悪循環を防ぐ
ある程度肥満が進むと悪循環が起こってしまう可能性も
スポーツで腰痛を発症する原因
スポーツで腰痛が起きる理由は
腰をひねると良くない理由
関節はひねりに弱い構造になっています
脊椎分離症(すべり症)とは
すべり症には先天性と後天性があります
加齢による椎間板の劣化
椎間板は加齢により強度が低下します
坐骨神経痛と椎間板ヘルニア
ヘルニアは坐骨神経痛の原因になります
腰痛時横になる際のポイント
腰痛時横になって安静にする際のポイント
腰痛を予防 急な動作をやめる 一度落ち着く
ギックリ腰にならないための心がけをまとめました
姿勢別 腰への負担の大きさ
現代社会特有の腰への負担があります
ストレスで腰痛発症
心の健康も腰痛と関わっています